水割りを、ロックで リターンズ

毒にも薬にもならないものを書き綴ってまいります

茅ヶ崎は東京ではない

いちばん最初に聴いた、好きになった歌手って誰ですか?

 
わたしはユーミンこと、荒井由実です。松任谷由実ではなく、荒井由実。小学校低学年の頃、父親がよく聴いていたCDが荒井由実だったので覚えてしまい、それに加え当時公開された大好きな魔女の宅急便の主題歌が「ルージュの伝言」だったことも重なり、めっちゃ好きになってユーミンばっかり聴いてました。

 

ミスリム

ミスリム

 
…って今Wikipedia見たら、その辺のわたしが最も聴いていた曲は、ほとんど1973〜1976年のものぽい。生まれる前の、超初期のものだったんだなー。今初めて知りました。
あと「天気雨」という曲が特に好きで、今でも海に行くと思わず口ずさんでしまうのだけど(海が舞台なので)
歌詞に出てくる「ゴッデス」は茅ヶ崎にあるサーフショップ。また、歌詞に相模線も登場する。

ということがWikipediaに書いてあった!20年以上も「ゴッデスって何やろ?」と思ってたけど、今!解決した。

天気雨を聴くと、今でも大人に憧れていた小学生の頃の気持ちが蘇ってきてやばい。「きっと大人になったら、自分もきっとサーフィンする人と付き合ったりするんだー!」と未来を夢みてたけど、そんな人は一人もいませんでした。そもそもそういう人は好みじゃなかった。「東京に行ったら茅ヶ崎に行ってみたいな〜」とも思っていたけど、茅ヶ崎は東京ではない。

お気に入りの「魔法の鏡」という曲は、振られた女のストーカーソング。

http://j-lyric.net/artist/a000c13/l005c14.html

「あれが最初で最後の本当の恋だから」を8回も連呼するところも狂気染みていて良いです。