水割りを、ロックで リターンズ

毒にも薬にもならないものを書き綴ってまいります

なんでもない日記と1996年の思い出

とても天気がいいので、家族はみんな外へ行ってしまった。

わたしは来週いろいろあるので家に残って作業をしています。しかし本当にいい天気だなあ〜秋は最高に気持ちがいいなあ〜干した毛布が一瞬で乾きましたよ。

家にいてPCに向かうと集中力が30分しか続かない…絶対的にフリーランスとかノマドとかに向いていない人間です。今はお茶プレッソでお茶を沸かし、じゃがりこ(サラダ味)を食べている。じゃがりこうまい!こんなことをしている場合じゃないんだけど…

 

じゃがりこが発売された約一年後1996年春、わたしは中学3年生になったばかりで、修学旅行を控えていた。修学旅行は長野から出発し、バスで奈良京都に一泊二日(だったと思う)。長野からバスってすごいことするな〜。

どうせバスは暇だからおやつ買いに行こうぜ!と家からチャリで30分くらいかけて(田舎…)おかしのまちおか的なところへみんなで行った。そこで売っていたのが発売されて大人気だったじゃがりこ

でもわたし、最初はじゃがりこってサッポロポテトが筒に入ってるだけなんじゃねーの?とか結構馬鹿にしていたんです。サッポロポテトのあのサクサク軽い感じも好きじゃないし、なんか味薄いし、塩の味しかしないし、あと何より特別感がないじゃないですか筒に入ったサッポロポテトじゃ。

でも違った!じゃがりこは全然サッポロポテトなんかじゃなかったんです!じゃがりこじゃがりこだった!サッポロポテトより絶妙に固くて、サッポロポテトよりジャガイモの味がしっかりして、サッポロポテトよりおいしい!食べだしたらキリンがないんです。←

じゃがりこを勘違いしていたことに気づいたわたしは、改めてまちおか的なところへチャリで30分かけて行き、修学旅行のためにお小遣いでじゃがりこを買いまくった。当時からチーズ味とサラダ味があったのだけど、断然サラダ味ですね。だって体に良さそう。

でも旅行のかばんに詰めようとして気づいたことは、じゃがりこってすげーかさばる…。結局3つぐらいしか入らなかった…

 

そのとき、クラスでは空前の稲中ブーム。田舎は娯楽が少ないから世の中にこんな面白い漫画あったの?!っていうくらいの衝撃でみんな夢中で読んでた。1993〜1996年の連載なので、1996年っていったらもうほとんど全巻揃ってて一番盛り上がっていた頃だと思う。だからバスでも稲中ばっかり読んでて全然外とか見てない。

バス内でかける音楽テープも持ち寄りで、好きな曲をかけてよかったんだけど、シャ乱Qの「ズルい女」とV6の「MUSIC FOR THE PEOPLE」がずっと流れていた。V6はデビューしたて。シャ乱Qはすっごくイケイケでしたよねー。

結局バスでは、シャ乱QとV6を聴きながらじゃがりこ食べて稲中読んでいただけでいつのまにか京都に着き、京都に行ったのは後にも先にもあのときだけ。八つ橋をたくさん買ったのに宿でほとんど食べてしまい、お土産をやりくりするのが大変だった。イチゴ味とかメロン味の八つ橋が珍しくてどうしても食べてみたくて食べ始めたら終わってしまって焦った。


じゃがりこ好きで良く買うけど、だいたいサラダ味を買うし(だって体に良さそう)あのパッケージを見ると稲中とずるい女とカミングセンチュリーを思い出します。1996年からずっと食べ続けている緑のじゃがりこ。時々コクがあっていいよね、と10回に一度はチーズも買います。

一方その頃、お隣愛知県では早々とインターネットに没頭している大学生がいた。みんなそれぞれの1996年。この話はまたどこかで…(つづく)