読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水割りを、ロックで リターンズ

毒にも薬にもならないものを書き綴ってまいります

バカアピやめましたという話

「わたし本当にバカなんで…」「地頭が悪いので…」など、かつてネガティブワードを言い続けてきたんですが「最近言わなくなった」と言われたのでそれについて書いてみたいと思います。

バカがコンプレックスだった

今まで「自分って本当にバカだなあ」とか「地頭悪いなあ」とかすごい思っていたのですね。理由は学生時代に全然勉強ができなかったからというのと、いまの会社のみんながマジですごい高学歴且つ、めちゃめちゃ仕事ができるのでその中にいると余計劣等感を感じてしまっていたというのもあります。それで事ある毎に「わたし本当にバカなんで…」「地頭が悪いので…」みたいに言っていたのですね。

今年あたまぐらいにいろいろ本を読んでいたのだけど、読むのが遅かったりなかなか頭に入ってこなくて社内チャットで「バカすぎてどうやって本を読んだら効率よく吸収できるのか知りたいのです!」っていう質問をしたところ、みなさんがいろいろアドバイスをしてくださいました。その流れで「バカだから理解できないはず、とか思ってしまい・・」という発言をわたしがすると、CTO@wadapから、

自分をバカって思っちゃだめだよー
いい訳になるから。
ゆにこが求めてる頭のよさってたぶんビジネス書とかじゃなくて一般教養とかなんじゃないかな、と思う
僕は地頭論がすごく嫌いなのでそこのせいじゃないとおもいますよ!

と返されまして、そのとき恥ずかしくて冷や汗出まくったんですよね。何故なら自分が見ないようにしていた現実を真正面から文字として突きつけられたから。その上すごく嫌いとまで言われた!が〜ん!

バカは言い訳

でも確かに、できないことがたくさんある=自分は何もできない人間=バカ、みたいな感じで、できないことに対して「自分はバカだから」って言い訳してるだけなんです。「できないこと」があるというのは何となく分かっているけど、それについて1mmも掘り下げたりもしてない。ただいろいろできないからそれ全部ひっくるめて自分はバカだ、みたいにしちゃっていて終わり。つまり何も考えていない。

問題解決の辺りを少し学んでみる

こういうのも含めて、物事を全般的に考えられるようになった方がいいなと思って問題解決の本とかを何冊か読みました。この辺を学んでみると問題解決能力って才能ではなく、身につけるスキルや癖だということに気づきます。何か解決したい問題があれば、現状を正確に理解して原因を見極め、打ち手を考えて実行する、ということをすればいい。「自分は頭が悪いと思う」だったら「なぜ頭が悪いと思ったのか?」「どんな現象があったのか?」「それが起きたのは何故?」「今後起きないようにするには?」と掘り下げて考えれば、今の「頭が悪い」と思っているところから抜け出せる、ということ。

英語が話せないからバカだな〜と思ったら英語を学べばいいし、文章がうまく書けないなあと感じたなら文章力を上げる訓練をすればいいし、何かしらそう感じた先にやることは残されてます。それを何もせず投げやりに「わたし本当バカなんで…」みたいなことを言うのって乱暴だし思考停止してて問題解決に向き合ってすらない。この辺って数冊の本を読むくらいで学べるから別に難しいことでもない。それが少しわかると、何もせず「バカなんです〜」って言ってるのは心底クソ頭が悪い行動だったとわかって死にたくなってきますね。

バカブランディングに得無し

何かができなかったり、人と比べてしまったとき、思わず「頭悪くてスミマセン、、」とか「地頭が足りないので…」とか言いがちなんだけど、実はそれ百害あって一利無しなので、バカアピの先に期待するものがない限り慎んだ方が賢明。あと口で言ってる分にはまあいいとして、チャットとか残るものだったらあとで見たときに恥ずかしくて死ぬし、不特定多数の人が見てるSNSとかに書いてしまうと多くの人に頭の悪さがばれます。「頭が悪いというキャラ」というセルフブランディング、という場合は頭が悪いと思われる以上に得るものがあるならいいと思いますが、自虐芸って相当センスが必要とされるから普通の人がやると結構寒いし、うまくやらないと本当にただのバカだと思われて終わりだし、そもそもこの辺がうまくできる人はそもそもバカではない説。

というわけで

バカブランディングってあまり意味がないし、むしろ悪印象ということに気づいたので、自分のことをバカだからとか地頭が悪いとか言うのをやめました。今後もバカアピ的なことは言わないようにします。

ちなみに、必要になったところをどんどん勉強していく、っていう考え方について、2004年にkensuuさんが既にブログに書いていたりします。

そして自分が頭が悪いなあと思ったらそれを自覚してやるべきことをやるっていうのも6年前に書かれてしました。

へへ…ようやく6年前に追いついたぜ…。何歳になっても日々勉強ですなあと思う今日このごろです。

 

おわり